安岡正篤 ▶yasuokapage.htmlyasuokapage.htmlshapeimage_1_link_0
書籍・ グッズ ▶shop.htmlshop.htmlshapeimage_2_link_0
 郷学研修所 ▶TOP.htmlTOP.htmlshapeimage_3_link_0
 安岡正篤記念館 ▶shapeimage_4_link_0
今月のお知らせ ▶Index.htmlIndex.htmlshapeimage_5_link_0
成人研修会館 ▶seijin.html
 
TOPshapeimage_7_link_0
概要kinenkan.htmlkinenkan.htmlshapeimage_8_link_0
展示紹介〈1〉tenji1.htmltenji1.htmlshapeimage_9_link_0
館内の展示配置tenji4.htmltenji4.htmlshapeimage_10_link_0
アクセス・交通機関access1.htmlaccess1.htmlshapeimage_11_link_0
記念館の庭kinenkan2.htmlkinenkan2.htmlshapeimage_12_link_0
展示紹介〈2〉tenji2.htmltenji2.htmlshapeimage_13_link_0
展示紹介〈3〉tenji3.htmltenji3.htmlshapeimage_14_link_0
安岡正篤記念館 MENU

安岡正篤記念館は、

一世の師表・天下の木鐸と仰がれる

安岡正篤先生の修己治人の足跡を明らかにし、

先生の思想・学問・事績等の諸資料を保存して、

幾久しく流風余韻を偲び、

先生の人と学を後世に伝えるために、

平成3年、かつての日本農士学校の跡地、

埼玉県嵐山町の財団法人郷学研修所(当時)の

敷地内に建設された。

東洋の哲学から学び、
日本人としての道を
模索し続けた安岡
世の中を良くするには、公私ともに優れた人物が必要であるとの信念のもと、その養成に一生を尽くす。特に国民の幸不幸は政治の影響が大きいとし、政財官界の指導者層の啓発・教化・指導に力を注ぐ。その教えの基本は、日本の伝統を大切にする立場からの東洋的な思想・哲学であった。>続き
 

公益財団法人

郷学研修所・安岡正篤記念館

355-0221 埼玉県比企郡

嵐山町菅谷 671番地

C)Kyogaku Kensyujo

 All copyright reserved.